チョコレートがダイエットに効く

アメリカの男性がチョコレートで115kgも痩せたことから、チョコレートがダイエットに効くと注目を浴びています。カカオ含有率70%のものを食前に食べる方法で、3食をしっかり食べられるので、無理なく続けられます。チョコレートがダイエットに効くのは、原料であるカカオが関係しています。カカオにはカカオポリフェノールが含まれています。カカオポリフェノールは、甲状腺ホルモンの分泌を促進するので、全身の血流が改善されます。すると基礎代謝が高まるのでダイエットに効くと考えられています。またカカオに含まれているタンニンには、便秘予防にも効果があります。血液をサラサラにするポリフェノールも含まれています。さらにチョコレートは血糖値を素早く上昇させる働きがあります。満腹中枢が刺激されるので、すぐにお腹が一杯になり、食事で余分なカロリーを摂取するのを防ぎます。チョコレートそのものは、高カロリーな食品です。しかし脂肪分解酵素リパーゼの働きを抑制して、脂肪が血液中に残るのを防ぎます。結果として体脂肪が増えません。またカカオバターは、脂肪の吸収率が高いので肥満を予防します。ダイエット中には空腹感がストレスになりやすく、途中で断念したり痩せにくくなったりします。しかしチョコレートに含まれるテオブロミンやカフェイン、フェニルエチルアミンは、脳に作用して気分を高揚させ幸福感をもたらします。無駄な食欲を抑制して、甘い香りでストレスを解消するので毎日の食生活に満足できます。チョコレートダイエットは、カロリーの摂取量を減らして代謝をアップさせる方法なので、すぐに効果が出るものではありません。しかし有酸素運動と組み合わせるとより効率良く痩せられます。